IPSコスメ

IPSコスメのおススメなところ

ipsコスメティックスとネットワークビジネスの違い

楽にかつ効果的なコスメ


昨今ではさまざまなビジネス形態が確立されており、専門知識や人脈を
駆使することで個人でも比較的簡単に起業できるようになりました。


美容用品の販売を手掛けているipsコスメティックスでも、個人会員に対して
「サポーター制度」を設けており、販売員として自社製品の販売を委託する
事業を展開しています。


ipsコスメティックスの販売ビジネスとはどのようなものなのか、ここで昨今
若い世代に注目されているネットワークビジネスと比較して違いを見ていきましょう。


まずネットワークビジネスとはアフィリエイトであったり、動画を作成して
そこで表示する広告で報酬を得るビジネスのことを指します。

ネットワークビジネス


如何に魅力的なサービス・商品であるのかを自身のブログやチャンネルを使用して
対象商品を宣伝していきますが、実際に商品を販売するのではなく広告を掲載するのみです。


そして不特定多数を対象としているのが特徴でもあります。ipsコスメティックスの場合は
自身で商品を販売斡旋することになり、不特定多数ではなく購入希望者と
直接顔を合わせて商談する必要があります。


会社の顔としてビジネスを進めていくので、個人事業主という立ち位置になるのがipsコスメティックスであるといえます。


ビジネスを成功させる鍵は人間関係を重んじること


これからipsコスメティックスのビジネスを始めようと思われている方の中には、
どうしたら成功できるのだろうかと頭を悩ませている方もいらっしゃるでしょう。


成功させるための鍵はズバリ、人間関係を大切にすることです。

成功のカギ


ipsコスメティックスの経営理念は「人間関係を重視した誠意ある交流と対話」で、
これは設立時から今日まで変わっていません。


ipsコスメティックスのビジネスの場合取り扱っている各製品をマスメディアで
大々的な宣伝をしておらず、会員である販売員の人間関係によって
販売ルートを確保しているのが特徴です。


この販売ルートは会員の家族や知人からスタートして、さらに知り合いの
知り合いへと伝わり一種の口コミによって成り立っています。


この口コミが侮ることができず、ipsコスメティックスでは設立時から
毎年12億円もの売り上げを記録しているほどです。


これからビジネスをスタートされる方は自身の家族はもちろんのこと、
友人との付き合いを大切にしてさらに交友関係を増やしていけば
自然とビジネスに必要な人脈も形成されていくといえるでしょう。


この人間関係は他の業種でも重んじられるので、常に意識をしておきたいものです。